フルメタル・パニック!

小説好きな人間がつけるブログサイト。趣味が合うならコメント よろしくお願いします。荒らし・中傷等は御免です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

からくりサーカス 機械仕掛けの神 76幕

前回鳴海兄貴の覚悟が描かれ勝チンの失恋が描かれたからくり。
さ行ってみましょうか!ショーの始まり始まりィ!

柱煽り カピタンが列車に迫る。

車輪で走行しながら列車を追う。最後尾の列車が近いですね。
このまま飛び移るのかと思いきや迎撃と遭遇。お前達の燃料って何?
というつっこみはおいといて
「あれカピタン・グラツィーノ様何か出てきましたよ。」
「ほうあの小僧我が剣にかかりたいというのだな。」
前会ったのか?見た事あるのか?よくわからん。

「決闘か!その意気や良し!レディ・スパイダー 汽車の破壊は任せるぞ!」
「仰せのままに。」
んー。飛んでどうするんだろう?一対二の方がいいと思うんですがね。
自動人形はオートマータなので人工知能なのですが、きまぐれで決闘
とかするんでしょうか?
「空を飛べるのはお前だけだと思うなよ。才賀勝。」
「汽車を守るという事は敵!殺すまでよ!」
そうか推進剤装備だったのか。でも燃料切れで墜落しそうなんだよな。
しかも接近戦だけだろ。不利じゃね?
「参るぞ!」どこの騎士かぶれでしょうか、こいつは。
「ヴィルマに貰った自動人形を
やっつけるナイフは一人一本。 他の武器は奴等には通じねぇ。」

むーん。かなりヤバイですな。居合い斬りのタイミングを狙うがごとく真剣に狙う作戦のようです。
「通じたとしても座席にいっぱい積んだフウ特製の武器は俺らじゃ使いこなせねェ」
反動とかはきちんと調整されていれば使えそうですが。まぁ扱った事の
無い物を使うのはリスクあるし。
「だがフウは出発前に行った。自動人形の性質に芸人の芸を学ぼうとするものがあると。」
つまり人間が変な行動を取ったらそれに注目すると?つまり美女が「
あはーん!」といったらコーフンして・・・・ゲフンゲフン。すみません。
賭けですよね。これ以上はない程に危険な。
と、どーのこーの話してるうちにレディ・スパイダー登場。
人型でよかった。蜘蛛型じゃなくて良かった。
「あらあら今日のディナーは貴男達なのね。なんて素敵な日曜日なんでしょう!」
「法案、三牛、ナオタ!後ろへ下がってろ!」
「ワシらの戦場はここじゃないってか!」
まあジーサンとナオタ親子って生き残りそうだしな。ナオタ親子は裏切り者
だし。
そして鳴海としろがねとアルレッキーノ達。オートマータが迎撃に。
つぅか最初ッからそうしろ。そうしてればヴィルマが死ぬ事は無かったんだ!今すぐに出撃しろ。話してる暇など無い!
法安さんとのやりとりは少しカットさせていただきます。字数多いと
体力が持たないので。
「歌かい!そりゃいい。聞かせろよ、オマエの歌」
「ああ聞いてくれ法案・・いつか天幕の中でな。」
レディ・スパイダーに破壊される車両。
「よーしヤロウども!一か八か打ち込むぞ!」

スポンサーサイト
  1. 2006/01/31(火) 15:53:24|
  2. からくりサーカス感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 範馬刃牙 第8話 初戦>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enmei.blog47.fc2.com/tb.php/6-ae37ec04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。