フルメタル・パニック!

小説好きな人間がつけるブログサイト。趣味が合うならコメント よろしくお願いします。荒らし・中傷等は御免です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

範馬刃牙 第十話 その先

何かいい加減リアルシャドーはいい加減終わって欲しい気分だ。
まぁこれだけ使ったんだから伏線は沢山あるだろう。まぁ後で見て
「あれって伏線だったんだ。」と初めて気づくわけだが。


「薄暗い部屋の中バキさんが動いている

つまり今回の蟷螂はルミナには見えていない。まぁ想像上のイメージだし無理も無いが。
「めまぐるしいバキさんの動きを
見つめた。するとーーー見えてくる!」

12-HB_07.jpg

遂にルミナが「リアルシャドーが見える世界」に入門してしまった!
ジョースター家の血筋なのか!?
「何も無い空間に 少しずつ
あるハズのない姿が少しずつ 少しずつではあるけど確実に」

12-HB_09.jpg

いや・・・すごい。入門数秒後に視認している。素質ありだぜ!
「バキさんが作り出したそれは
虫のクセに100K以上 実際に目の前にすると」

「笑ってしまいたく成る程の代物」
チビっ子だったらチビってしまうかもしれない。良く子供向けのショーで見られる気ぐるみよりも100倍怖い。
「そんなモノとバキさんは堂々と向き合っている。」
「もし彼らが昆虫界に入ったら
強さはせいぜい芋虫・・?」

ルミナはとんでもない誤解をしている。大きさならカブトムシだろう。
実際蟷螂VSカブト虫の闘争があるなら見てみたい気もする。
オリジナルで甲虫拳法があったら面白そうだ。
「それは突然来た。バキさんの
ハイキック。KOだと思われた」

突然刃牙が吹っ飛ばされた。カウンターの描写が無いのにだ。
「ナルホドねぇ・・・悪い予感があたった」
久しぶりに刃牙のセリフだ。説明じゃなくて心情が描かれた。
「蟷螂には脳が無いに等しい。つまり
人間で言う脳震盪が起こらない。」

小さいからなのか。あるいはアゴが吸収、いや衝撃を逃しているからなのか。
刃牙が打撃では効かないと見たのか飛んだ。そして相手に食らいつき
関節技に行こうとする。
「ナンじゃこりゃっ!?」
刃牙・・昆虫図鑑を読もう。そうすれば蟷螂の攻略法がわかるぞ!
スポンサーサイト
  1. 2006/02/13(月) 23:34:22|
  2. 範馬刃牙 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

からくりサーカス 機械仕掛けの神 77幕

前回壮大な引きで終わったからくり。さぁ生き延びれるかどうかの
瀬戸際だぜ!!

11-HB_21.jpg

「あらぁ、それがしろがねの血のついたナイフね。でも残念ね、私には当たらなくてよ。」
ヤバイ。唯一の頼みの綱の3本のナイフが2本外へ、残りの一本は
次の車両へ吹き飛ばされた。やべぇぇよ!
afsdf

突然可笑しい事を始める仲町親分。いや実はそれはフウの言ってた事の
実験だった!やってくれるぜ!やはり言葉通り芸人魂を忘れちゃいねぇ!!
karakuri_08.jpg

が・・・・通じず。ロクに時間稼ぎも出来ずヤラれる。ヤムチャ臭が
漂う親分であった・・・死ぬなよ!!
そうしてそうしている間に連結器を切り離すという作戦に出るノリ。
すげぇぜ・・・兄貴!ヘタレから格上になったぜ!そしてヒロと仲町は
残る。両方ともダメージを受けながらまだ立っている。ただの
人間がである。スタンド使いでもなく波紋使いでも格闘家でもない唯の人間がだ。タフだ・・・・すげぇよ!!
 そしてヒロが立てた作戦通りジーサンは爆薬を線路に放り投げる。
爆風が着て列車は大破!これで自動人形破壊できるんでしょうか?
  1. 2006/02/07(火) 15:06:33|
  2. からくりサーカス感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

範馬刃牙 第9話 異“種”格闘技戦

異SEED格闘技戦。それはナチュラルとコーディネイターの闘い。
片方は“青き清浄なる世界”の為に、もう片方は自分達の自由の為に。
・・・・はいわからない人は無視してくださって結構です。
リアルシャドーはもういいからさっさと他のキャラを描いてください。
新キャラとの闘いでもいい。新人が独歩と達人に・・・・まあ
それはあったけどね。


 11-HB_02.jpg

むかし むかし中国のお話
周 亜門と名乗る修行僧がおったそうな。ある日の林のなか
とんでもないものを見たそうな。 

中国昔話ですね。語り部は海皇だ!
 雀VS蟷螂!の闘いが繰り広げられていた。
 亜門の予想を裏切り勝利したのはーーー軽量の蟷螂
パワーとガタイが上の相手に対してスピードと戦略でか。いいねぇ!
11-HB_04.jpg

蟷螂の意外な強さに心を打たれた彼はそれにあやかって独自の拳法を作り出した!その拳法は蟷螂拳と呼ばれていた。成る程。自然が師匠なわけか。スゴイ発想力だ!普通は出来ない!そこにシビれる(ry

所変わって刃牙のハイキック。リハーサルに見えるが実は相手に当てる攻撃。だが相手は鎌を持つ蟷螂だ。足を捕まれるかも知れない。
そして刃牙が吹き飛ばされた。カウンターらしい。
11-HB_08.jpg

ぬぉ、どうやら刃牙にだけリアルシャドーの影が見えるらしい。
すごい変だがある様に見える幻覚が見えているらしい。

11-HB_10.jpg

すげぇよ!蟷螂が合気投げしてるよ!渋川先生の弟子かよ!!

足から着地する刃牙。たぶん自分からも飛んで受身を取りやすくしたのだろう。ダメージがなさそうだけど。たぶん足払いを食らって飛ばされたのだ、いや回転させられたんだろうけど。
反撃でミドルキックを放つ刃牙。が、その動きが途中で止まる。
当たったのか・・・・?
否、捕まれていた。ガチリと蹴り足をだ。

11-HB_15.jpg

すごい描写だ。その内重力を無視するかも知れない。片足は地面についている。だがこの分だと空中に浮きかねない。飛ぶのではなく浮遊するという感じで。
刃牙が反撃で膝打ちを蟷螂のアゴにかます。アゴではなく多分
顔面だろうけど。が、地面に頭から叩きつけられる。下はコンクリートだ。ヤバイ。

11-HB_21.jpg

すげぇな。格闘技ではなく喧嘩の動きになっている。

次回どうやら勇次郎にスポットが当たるらしい。いいね。地上最強の生物はクローズアップされるってのはいい。いい加減リアルシャドーに飽きたしね。
「俺はこういうのをリアルシャドーにしている。」とかいって普通に
象やら鷲やら鮫やらと闘って欲しい。
  1. 2006/02/07(火) 01:01:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱなぁ

感想書いて後で思うのが「字だけじゃインパクトに足りないよなぁ。」
です。まぁセリフ抜粋して感想述べるのが普通なんですが・・・
それだけじゃどうしても足りない。わかりやすく述べるというのが
コツだと思うんですよ。てなわけでこれからは画像付でupしたいと思います。ではでは。
  1. 2006/02/02(木) 13:44:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふぅ

ふー録画した番組見ました。なんかテレビみるとリラックスできますね。20060201192353.png

アカギ 福本信行先生の描く漫画なんだけど・・・
なぜかこの主人公は麻雀だけで食いつないで(老後まで)生きていくという超絶物語。いやビビるね。
  1. 2006/02/01(水) 19:25:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。