フルメタル・パニック!

小説好きな人間がつけるブログサイト。趣味が合うならコメント よろしくお願いします。荒らし・中傷等は御免です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

範馬刃牙 第十話 その先

何かいい加減リアルシャドーはいい加減終わって欲しい気分だ。
まぁこれだけ使ったんだから伏線は沢山あるだろう。まぁ後で見て
「あれって伏線だったんだ。」と初めて気づくわけだが。


「薄暗い部屋の中バキさんが動いている

つまり今回の蟷螂はルミナには見えていない。まぁ想像上のイメージだし無理も無いが。
「めまぐるしいバキさんの動きを
見つめた。するとーーー見えてくる!」

12-HB_07.jpg

遂にルミナが「リアルシャドーが見える世界」に入門してしまった!
ジョースター家の血筋なのか!?
「何も無い空間に 少しずつ
あるハズのない姿が少しずつ 少しずつではあるけど確実に」

12-HB_09.jpg

いや・・・すごい。入門数秒後に視認している。素質ありだぜ!
「バキさんが作り出したそれは
虫のクセに100K以上 実際に目の前にすると」

「笑ってしまいたく成る程の代物」
チビっ子だったらチビってしまうかもしれない。良く子供向けのショーで見られる気ぐるみよりも100倍怖い。
「そんなモノとバキさんは堂々と向き合っている。」
「もし彼らが昆虫界に入ったら
強さはせいぜい芋虫・・?」

ルミナはとんでもない誤解をしている。大きさならカブトムシだろう。
実際蟷螂VSカブト虫の闘争があるなら見てみたい気もする。
オリジナルで甲虫拳法があったら面白そうだ。
「それは突然来た。バキさんの
ハイキック。KOだと思われた」

突然刃牙が吹っ飛ばされた。カウンターの描写が無いのにだ。
「ナルホドねぇ・・・悪い予感があたった」
久しぶりに刃牙のセリフだ。説明じゃなくて心情が描かれた。
「蟷螂には脳が無いに等しい。つまり
人間で言う脳震盪が起こらない。」

小さいからなのか。あるいはアゴが吸収、いや衝撃を逃しているからなのか。
刃牙が打撃では効かないと見たのか飛んだ。そして相手に食らいつき
関節技に行こうとする。
「ナンじゃこりゃっ!?」
刃牙・・昆虫図鑑を読もう。そうすれば蟷螂の攻略法がわかるぞ!
スポンサーサイト
  1. 2006/02/13(月) 23:34:22|
  2. 範馬刃牙 感想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
| ホーム | からくりサーカス 機械仕掛けの神 77幕>>

コメント

更新しろよ
  1. 2006/04/08(土) 03:03:31 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://enmei.blog47.fc2.com/tb.php/12-dd6b7e7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。